徐々に需要が高まっている仕事|保育士の職に就くなら資格を取ろう

保育の資格を取ろう

保育園

卒業と同時に取得できる

保育士として就職するには保育士国家資格が必要です。国家資格は厚生労働大臣が保育士養成施設として指定した学校で所定の科目を履修すれば卒業と同時に資格が与えられます。指定学校に進学しない場合は1年に1回の国家試験に合格する必要があります。保育士の国家試験の合格率は受験者の10〜20%となっており簡単なものではありません。指定学校に進学しなかった方には、保育士の国家試験に合格するためのスクールを利用する方法もあります。これらの方法は費用や時間がかかりますので、これから保育士を目指す方には指定学校で学ぶ道が一番の近道になります。保育士養成学校には、保育系の4年制大学、短大、専門学校などの種類があります。4年制大学は短大や専門学校よりも在学期間が長い分、保育に必要な知識を深く学ぶことができます。将来は小規模保育園などを経営した方は4年制大学を選ぶと良いでしょう。短大と専門学校は2〜3年間で資格を取得できるので早く実社会に出て働きたい方に向いています。これらの学校に在学中に福祉系の資格をとることも可能です。学校のカリキュラムの中には児童福祉に関する学びも含まれており、福祉系の資格を取得して就職に役立てることもできます。保育士養成施設で学べば最短で2〜3年、最長でも4年で保育士になることができます。ただし、保育士養成施設に指定されていない学校では卒業と同時に資格は取得できませんから注意しましょう。